« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月に作成された記事

2016年7月28日 (木)

めかぶについて

今回は、しめじとめかぶのすまし汁のめかぶについて・・・

Photo


前回のオクラに引き続きヌルヌルネバネバ食材です。
 
疲れているんですかね!? スタミナをつけネバです。
 


皆様、ご存知かも知れませんが、「めかぶ」という海草ではなく
 
「わかめ」の根元部分のことを「めかぶ」といいます。

若芽の株状になっている所だから「めかぶ」なんですかね。
 
調べるまで「めかぶ」は「こんぶ」だと思っていました・・・

どちらにせよ海藻類を食べることは良いそうで
 
めかぶに含まれる有効成分には
 
整腸作用・コレステロール抑制作用・消臭作用など体にもよく
 
低カロリーでダイエットにもおススメです☆




島国ニッポンは欧米に比べるとよく、海藻類を食べるそうです。

そういえば、酢の物やめかぶなっとう(またネバネバですね)
 
お味噌汁の具など、積極的に取り入れたいですね!

ところで、昔から海藻を食べると薄毛によいと
 
よく聞きますが本当なんでしょうか?

2016年7月26日 (火)

オクラについて

今日はオクラについて・・・

Okura_gomboCut_vegetable_okra

おくらさんお世話になってます。
タニタ食堂でもサラダや炒め物、
スープなど何でもこなす万能選手です。
とりあえず!?ゆがいておけば独特のねばりを発揮して
活躍してくれますね。

オクラ独特のねばり(ぬめり)の成分は食物繊維で
整腸作用を促し、コレステロールを排出する作用や、
便秘を防ぎ大腸がんを予防する効果があると言われています。

そんなオクラさん、
さぞ昔から日本でも山の上の万草に
埋もれていたのかと思いきや、
アフリカが原産地で、
日本へは江戸時代末期に渡来した様です。
もうすっかり日本の食文化に馴染んでいますねぇ~。
ちなみに今が旬です。

納豆と合わせてねばり倍増(栄養も!)でもいいですし、
おかか醤油なんてのもおいしいです。
そういえば、カレー粉やスパイスで炒めた
インド風野菜炒め(サブジ)なんてものもあります。
やっぱり万能ですね♪

2016年7月22日 (金)

H28.7.25-8.6の献立

日替わり定食

※仕入れなどの状況により、
予告なく内容が変更になる場合がございます。

PC
版トップページの献立・営業時間・アクセスのページに
献立表をアップしました。
PC
・スマートフォン版では、献立表がダウンロードできます。


25(
) さわらの竜田揚げサラダ風定食
26(
) チキンのオリーブオイル焼き定食
27(
) 豆腐つくねバーグ定食
28(
) 鶏の唐揚げオニオンソース定食
29(
) さばのみそ煮定食
30(
) 鶏肉とピーナッツの炒め物定食
1(
) 豚肉のビネガー風味定食
2(
) 鶏肉とレーズンの赤ワイン煮定食
3(
) さわらのカッテージチーズ焼き定食
4(
) アスパラと豚肉のオイスターソース炒め定食
5(
) 鶏肉のしそ焼き定食
6(
) チリコンカン定食

スタッフ一同、お待ちしております。


「h28.7.25-8.6 .pdf」をダウンロード

2016年7月19日 (火)

うなぎについて

暑いですね。近畿地方も梅雨明けしたらしく、太陽サン
 
いよいよ本気出してきますね。
 
夏バテ気をつけましょう!!夏バテといえば「うなぎ」
 
うなぎといえば、そろそろ土用の丑の日ですね。
 
昔から、この日に「う」のつくものを食べると
 
病気にならないと言われています。
 
ちなみに、土用とは夏だけではなく、各季節毎にあるようです。
 
諸説はあるようですが、やはり有名なのは江戸時代
 
夏場売り上げの落ちるうなぎ屋さんが、平賀源内に相談して
 
土用の丑の日はうなぎと看板を出したところ、大流行したそうです。
 
近年、うなぎの稚魚の漁獲量が減っているらしく、
 
価格もうなぎのぼり、、、ですね。
 
養殖できるといっても稚魚を獲ってきて、養鰻するらしく
 
こんなに食べられているのに、生体は謎なトコロあるそうです。
 
昔からあるのは、豆腐で作るうなぎもどき。
 
皮は海苔でするそうです。精進料理でしょうか?
 
近年は、うなぎの味がする、なまずなど作られているみたいですが
 
やっぱり、土用の丑の日といえば、うなぎですよね!
 
ちなみに、うなぎと梅干は食べ合わせが悪いといいますが本当でしょうか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

2016年7月14日 (木)

枝豆について

むし暑い日が続きますね。皆さま体調などくずされては
 
ないでしょうか?
 
今日は、夏の定番の枝豆について...
 
私、恥ずかしながら割りと最近まで、枝豆が大豆と
 
知りませんでした。「枝豆」という品種とばっかり、、、
 
大豆すごいですね!幅広く活躍されてますねぇ~(o^-^o)
 
枝豆キライ!!という人もあまり聞きませんし、出されると
 
ついつい食べ続けてしまうもんです。
 
聞きかじったところによると、新潟県の人は
 
たいへん枝豆熱が高いらしく、ことお湯加減に関しては
 
一家言あるそうで、なんでも、やわらかく湯がいた枝豆を出すと
 
その人の人格まで否定される勢いだそうです...
 
採れたてを湯がいて、その香りを楽しむそうです。
 
中には、お湯を沸かし始めてから畑に採りに行く猛者も
 
いるそうです。あと、枝豆にはビール!が定番ですが
 
意外?にも日本酒で楽しむそうです。
 
一度、新潟の人に事の真偽を確かめてみたいですね!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

2016年7月12日 (火)

H28.7.11-7.23の献立

日替わり定食

※仕入れなどの状況により、
予告なく内容が変更になる場合がございます。

PC
版トップページの献立・営業時間・アクセスのページに
献立表をアップしました。
PC
・スマートフォン版では、献立表がダウンロードできます。


11(
) 鶏肉のなめこおろし煮定食
12(
)
オクラとナスの肉みそ炒め定食
13(
)
鶏むね肉のアーモンドパン粉焼定食
14(
) 鶏のピーナッツバター焼き定食
15(
)
たらのきのこあんかけ定食
16(
)鶏肉のごまサルサソース定食
18(
)
お休み
19(
) トンテキ定食
20(
)
チキンマスタード焼き定食
21(
)
鮭のピザ焼き定食
22(
)
根菜のしぐれ煮定食
23(
)
ささみのピカタ定食



スタッフ一同、お待ちしております。

「H28.7.11-7.23.pdf」をダウンロード

2016年7月 8日 (金)

器について その2




皆様ご存知かと思いますが、タニタ食堂は、一汁三菜の定食スタイル

 
なので、それを盛り付ける器もたくさんあるのですが、日々せっせと
 
営業を続けていると、やっぱり欠けてしまったり、ぱりんっと割れて
 
しまう事が、まぁまぁあります。幸いにもお客様がケガをなされたり
 
スタッフも血まみれになるといった事は未だないので、
 
よしとしましょうか!?
 
しかし、たまにですけど、ドンガラ!ガッシャーン!ありますね、、、
 
見てみると、一流の陶芸家よろしく、この器はダメじゃ!作品として
 
世に出るのは、たえがたい!など申しておる。
 
芸術家がいる訳でもないのですが、一応?申し訳なさそうな
 
スタッフが、ぽつん。。。

器に限らず、全ての事に通ずると思うのですが形あるものは、
 
壊れます。それは、仕方のない事なのかも知れませんが、
 
まぁいっか、しかたがないで済ますのではなく、惜しむ事が
 
必要なのではないのでしょうか?いとおしむ事をすれば、即ち
 
それは、愛おしむに繋がっていくと、昔、3年B組の長い髪の先生が
 
言っていたような気がします。(うろ覚え、、、)
 
それでは皆さま、今日もていねいに、、、wink
2

2016年7月 5日 (火)

器について

本日は器(うつわ)について
 
「器は料理の着物」と言った北大路魯山人は、自らも
 
作陶も行っていたのですが(陶芸のみならず、書画や篆刻など
 
色々してたみたいです)どの作品もみたら、ぐわっと迫ってくる
 
感じがするぐらい素晴らしい作品や言葉を残しています。
 
でも人間性というか性格は傲慢なところがあったみたいなので
 
芸術というか自分の美意識を突き通すにはそういう所も

必要なのかもしれませんね、、、

あと、作った器は鑑賞用なのではなく、あくまで料理を盛る為の
 
器だったそうです。今では、おいそれと使えないくらい
 
高価なものですが、、、
7




そんな魯山人の器を使っているタニタ食堂、、、なはずでもなく
 
白無垢の花嫁を思わせる(おおさげですね)白を貴重とした
 
シンプルな器で、日々変わるメニューに対応しています。(和や
 
洋などかわるので)私たちも、日々変わる出来事や繰り返される
 
日常に戸惑いや飽きることなく嫁ぐ花嫁のように、フレッシュな
 
対応を心ががけたいと思います。
 
至らない所もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

2016年7月 1日 (金)

とうもろこしについて

今日はとうもろこしについて
Gatag00006458


とうもろこしは、米や麦と並ぶ世界三大穀物のひとつで、
世界各地で広く栽培されています。
日本では北海道で多く生産されていますね。
北海道では『とうきび』と呼ばれることが多いみたいです。
あと、年配の方が『なんばん』といっておられるのを
聞いたことがあります。
関西などの方言でいう「なんば・なんばん」は
南蛮黍(なんばんきび)の略称で、
外来の植物であることを言い表しているのだそうです。

とうもろこしの調理法としては
焼いたり、茹でたりが一般的だと思いますが、
そのまま食べるなら、なんといっても
皮付きのまま電子レンジで『チン』するのがおススメです。
出来上がり、皮をむいてみると蒸した状態になっているので
甘みが存分に楽しめます。
なんといっても簡単ですしね♪
見た目はあまり変わりませんが、時間がたつと
甘みはどんどんなくなりますので、
採れたてが手に入れば是非お試し下さい!
あと、ひと手間かけるなら、かき揚げもおすすめです。
そのままでも美味しいですが、
カレー塩をかけると、お子様にも喜ばれるのではないでしょうか?

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »